妊活ボイス運営事務局のさくらです。セルフのタイミング法で妊活に取り組んでいるご夫婦にとって、もっとも気になるのは「排卵日」がいつか?問題です。そこで今回、排卵検査薬をつかって実際にフライング検査をしてみました。

フライングで使った排卵検査薬と私の体質(PCOS)

今回利用した排卵検査薬は、海外製の排卵検査薬 Luckytest(ラッキーテスト)です。日本製の排卵検査薬と違って1本あたりの値段が安いので、ケチらずに朝と夜に試してみました。

排卵検査薬 Luckytest(ラッキーテスト)

関連記事:無事に届くの?海外製排卵検査薬をネット通販で購入してみた!

検査結果の話の前に、私のことをちょっと。

私は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という体質で、生理周期が32~36日という、排卵検査薬との相性がよろしくないタイプです。

なぜ相性がよくないかと言いますと、排卵検査薬は、排卵日のあたりでLHホルモンが急上昇する(LHサージ)体のしくみを生かして、尿中のLHホルモン量を検査していますが、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人は、LHホルモンがもともと高い人が多いからです。そして、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、10人に1人くらいの割合で該当する体質なので、すごく珍しい存在でもありません。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)については、医学的な説明になるので先生たちの解説をご覧ください(笑

PCOSとわたしの体質前提

  • PCOSで、もともとLHが高め傾向
  • PCOSの傾向で毎月排卵してるかどうかも怪しい(私の場合は高温期はくるので排卵してると仮定)
  • 生理周期が32~36でばらつく=排卵日がばらつく

【初日】排卵日(基礎体温最低日)から4日前のフライング検査結果

フライングはD19からはじめました。・・・私の周期が長いので分かり難いですね、排卵日の4日前にあたります。

海外製の排卵検査薬 Luckytest(ラッキーテスト)をはじめて使ったので、品質が一定か気になって(笑)、最初だけ一度に2本つかってみました。

結果はこちら

初日の排卵検査薬 Luckytest(ラッキーテスト)

陽性(LHサージ)の場合は、右側の線と近い濃さ~同じ濃さになるようなので、明らかに陰性ですね。

二本の濃度にばらつきはなく、海外製の品質面もちょっと安心(笑)。

色が変化する反応時間は、結構ゆっくりで、最初は右側の線しか見えない真っ白状態から、次第に浮き出るように濃くなる感じでした。変化の終わりが分かりにくかったので、私は、30分くらいは放置してました。

ここで気づいたのですが、最初の1本目は比較するものがないので、薄いのか濃いのか、いまいち分かりません。多嚢胞性卵巣症候群の人の場合、もともとLHが高いので、陽性結果になってしまうことがあると聞いていましたが、そこまでじゃなくて一安心。また、「排卵検査薬 画像」などのワードでネット検索をして、他の方の画像と比較してみましたが、やや濃いかなくらいでした。

基礎体温も低体温だし、とにかく今日は陰性!

排卵日(基礎体温最低日)3日前~陽性が出るまでのフライング検査結果

ここから、朝と夜の検査をしてみました。日本製だったらお財布的にできなかったかも(笑)

結果はこちら

3日前のLuckytest(ラッキーテスト)

最初の3日は同じくらいの濃さになりました。この変わらなさに、周期にばらつきがある私は「もしかして、直前に排卵日終わっちゃってる??」と不安になり、朝と夜の計測の間に急上昇&急降下することはないのかな?など、ネットで検索してみたり。

しかし、基礎体温はまだ高温期に入っている感じじゃないので、このまま続けることにします。

3日目の夜(排卵日の2日前)の検査。このころには検査にも慣れて、検査薬を放置しながらお家のことなどをして、30分後。

 

どうせ同じでしょーと、検査薬を手にとってみると・・・・んん?

検査薬をじーーーーーーーーーっと見ていると、びみょーーーに濃く感じる??

 

結果はこちら。一番下の検査薬です。

排卵日2日前の排卵検査薬Luckytest(ラッキーテスト)

写真でみると分かりにくいのですが、目で見ると、濃く見えるのです。願望が作り出す妄想でしょうか? 笑

はじめての変化の兆しに、次の検査が待ち遠しくなりました!

しかし、こうやって並べて比較するとようやく分かる(妄想?)程度なので、使用済みの排卵検査薬は、捨てずにとっておくことをオススメします!1本1本を見ていても変化が分かり難いです。

また、湿っていると色合いが違って見えるので、微妙な濃度の違いまで把握したければ、乾くまで放置しておくと比べやすいですよ!じれったいですど。

そして、この後の変化が期待される中、翌日の検査結果がこちらです。下2本(D22)をご覧ください。

陽性反応の出た排卵検査薬Luckytest(ラッキーテスト)

朝、前夜よりさらに少しだけ濃くなった気がして「おっー!」と思い。

はやる気持ちを抑えきれず、夜、会社から帰ってすぐに検査をすると「きたーー!」。いきなり明らかな陽性になってました!

説明書には、ほぼ同じ濃さで48時間以内が排卵目安、右の線より濃くなった場合は14~28時間が排卵目安と書いてありましたので、この濃さなら48時間以内に排卵が来そうです。

この結果から、タイミングを取るなら今夜が良いと思われますが、もし私が1日1回、朝だけしか検査をしていなかったら、陽性に気づくのが遅れて、タイミングを取るのが遅くなってしまったかもしれませんよね~。あぶないあぶない。一般的には1日1回でも十分かもしれませんが、私の場合は1日2回検査して正解でした!

そして、排卵検査薬の結果から推測したとおり、この翌朝(D23)基礎体温が最低となりました。排卵日だったのでしょう。そして、検査薬はまた薄くなっていきました。

(ちなみに、23に高温期14日を足すと37になるので、今周期は37日になりますね。長い!)

排卵検査薬を実際に使ってみた感想

まず、フライング検査のタイミングについては、今回は4日前からフライング検査を行いましたが、生理周期がある程度固定の方ならそれくらいでちょうど良いと感じました。LHは排卵の前に急に高まるので、早く始めても次第に濃くなっていくわけではないからです。28日周期の方なら、D9あたりからでしょうか。

ただ、私のように多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方や、生理周期がばらつく体質の人は、最短周期だった場合を想定して、余裕をもって始めるといいと思いました!

やってみて困ったことは、自分のMAX濃度がわからないということ。「次回はもっと濃くなるのかしら?これがMAXなのかしら?」と不安になりました。そのためには、基礎体温も合わせてつけて、2~3周期つづけてみると、自分の傾向がわかるようになります。そうすることで、タイミングも取りやすくなると思います。

やって良かったことは、陽性までの流れを写真にとっておいたことです。前の周期はどうだったかな?と振り返ることができますし、出張や旅行で外泊したときにも、スマホの中にあればなにかと便利です。もちろん、実物を保管しておくのも王道でオススメですが、海外製の排卵検査薬は日本製と違ってただの紙なので、こすって劣化しやすい点が難点かなと。

最後に、排卵検査薬に投資をする価値があるか?

はい、あると思います!もちろん、病院でタイミングをはかってもらうのが一番ですが(病院ではLHを血液で検査して、内診で卵の育ちも診てくれ、より正確な排卵日を予測してくれます)、私のようにフルタイムで働いていると、毎月毎月何度も病院へ通うのは難しいです。基礎体温はばらつきもあるので、排卵検査薬と基礎体温を併用することで、基礎体温だけで排卵日を予測するより精度はあがると思います!

今回は、海外製の排卵検査薬(ラッキーテスト)を使いましたが、また別の製品でも試してみますね!

関連記事:使うなら日本製?海外製?おすすめの排卵検査薬の価格・性能を徹底比較!
関連記事:基礎体温表をつけるなら!人気・おすすめの基礎体温計10選を紹介!