排卵日を予測するにあたって、基礎体温を測ることは基本の一歩とも言えます。基礎体温を正しく測定し、基礎体温表を作成することで自身の排卵周期を把握し、排卵日を予測することができます。今回は基礎体温の正しい測り方と見方について、基礎体温表を見る時のポイントやパターン別の注意点とともに紹介します。

基礎体温とは?

そもそも基礎体温とは何なのでしょうか?基礎体温は人間が一番安静な状態にある時の体温のことを言います。この条件を最も満たすのは、朝起きたばかりの、体を動かす前の状態です。

女性の体温は高温期と低温期の二相性になっていますが、その温度差は0.3〜0.5度程度となり、ごく僅かです。そのため、普通の体温計ではなく、小数点第2位以下まで表示されるデジタル式の基礎体温計を使用することが理想的です。

関連記事:基礎体温表をつけるなら!おすすめの基礎体温計10選を紹介!
関連記事:人気の基礎体温計メーカー!オムロンとテルモの基礎体温計を徹底比較!

基礎体温の正しい測り方とは?

前述の通り、最も安静な状態にある朝起きてすぐ、体を動かす前の状態で測定することが、基礎体温を正しく測るために重要となってきます。

■起きてすぐ、同じ時間に測る

基礎体温は少しの動きで変動してしまうため、起きてすぐに測れるように基礎体温計は寝る場所の近くにおいておきましょう。また毎日同じ時間に測ることも重要となります。測定する時間を決め、習慣化してしまうようにしましょう。

■身動きしないで測る

朝起きて大きな伸びをしたり、寝返りやあくびをしたりしただけでも、基礎体温に影響が出る可能性があります。基礎体温計を舌の下に挟んだら、できるだけ身動きしないようにしましょう

■基礎体温を測る時の注意点

基礎体温の測定に慣れない内は、下記のような行動を取りがちですので、特に注意してください。

  • 伸びをしない
  • 寝返りをうたない
  • あくびをしない
  • 誰かに話しかけたり、話したりしない

おすすめの基礎体温計10選で紹介したように、予測検温機能のある基礎体温計であれば、10秒〜20秒での検温も可能ですので、長い時間身動きしないことが難しいと思う方は、予測検温機能がある基礎体温計を選ばれると良いと思います。

基礎体温表を見る時のポイント

基礎体温は毎日の測定値の上下を気にするのではなく、1ヶ月のグラフの動きを見ることがポイントとなってきます。生理開始から次の生理が始まるまで、体温が低い時期と高い時期に分かれていれば、正常な排卵が行われている証拠です。

低温期から高温期に入る前に体温が0.3〜0.4度ほどはっきり下がる時があり、これが排卵直前の目安となります。その日から2〜3日間に排卵があると予測されます。そして、この日を境に体温は急に上昇します。

■一般的な基礎体温表の例

基礎体温表

低温期から高温期に入る前に体温が0.3〜0.4度ほどはっきり下がる時があり、これが排卵直前の目安となります。その日から2〜3日間に排卵があると予測されます。そして、この日を境に体温は急に上昇し、高温期に入ります。

このグラフ通りになっていないと「排卵がされていないのでは」と不安になる方も多いと思いますが、チェックすべきポイントは下記の3点となります。

  1. はっきり低温期・高温期の二相に分かれている
  2. 生理開始から排卵までが約20日以下
  3. 高温期の期間が10日以上

このポイントがクリアできていれば排卵については正常に行われている可能性が高いです。逆にクリアできていないようでしたら、体内で何らかの異変が起こっている可能性も考えられます。一度、医師に相談されることをお勧めいたします。

基礎体温表のパターン別注意点

チェックすべき3つのポイントをクリアしない基礎体温表について、いくつかのパターンに分類することができます。パターン別に考えられる状態などを紹介しますが、いずれも異変を感じた場合には早めに医師に相談してみてください。

■低温期、高温期がはっきりしない

基礎体温表(低温期、高温期がはっきりしない)

低温と高温の温度差が低い場合、体温を上げる黄体ホルモンのバランスが不良となっているか、排卵が行われていない場合が考えられます。

■体温が上がらない

基礎体温表(体温が上がらない)

排卵後、卵胞は黄体に変化し、体温を上げる黄体ホルモンが分泌されます。体温が上がらないということは、排卵が正常に行われていない、無排卵である可能性があります。

■高温期が短い

基礎体温表(高温期が短い)

高温期が短い(9日以下しかない)時は、黄体ホルモンがうまく機能していない黄体機能不全などの疑いが考えられ、不妊につながるので注意が必要です。早めに病院で相談されることをお勧めします。

■低温期が長い

基礎体温表(低温期が長い)

排卵するまで18〜20日以上かかる場合、卵胞の発育などの卵巣機能が正常に働かない状態(卵巣機能不全)の可能性が考えられます。

■いったん上がり、また下がる

基礎体温表(いったん上がり、また下がる)

グラフが大きく上下するところがいくつもあると、排卵を特定することが難しくなります。一度、病院で排卵リズムを調べてもらうことをお勧めします。

まとめ

今回は基礎体温の正しい測り方・見方についてまとめました。基礎体温を付けることは排卵日を知る手がかりになることはもちろんのこと、ご自身の体調を把握することにもつながってきます。

基礎体温表の正しい見方を知り、異変を感じた際には早めに病院に行き、専門医の判断を仰ぐようにしましょう。

関連記事:使うなら日本製?海外製?おすすめの排卵検査薬を徹底比較!
関連記事:妊活におすすめの生理日・排卵日予測アプリ5選を紹介!