先日、日本製と海外製の排卵検査薬を価格面や品質、ネット通販などでの購入のしやすさという点で比較してみました。今回は日本製の商品にフォーカスして、比較をしてみたいと思います。

関連記事:使うなら日本製?海外製?排卵検査薬を徹底比較

昨年、排卵検査薬は「第1類医薬品」に分類されました。これによって、日本製の排卵検査薬はドラッグストアやネットショップでの購入も可能となりました。また、ロート製薬の「ドゥーテスト」は森三中の大島美幸さんが出演しているテレビCMを放映したり、大手製薬会社の武田薬品工業の「ハイテスターH」もテレビCMを行ったりと、排卵検査薬が消費者に取って身近な存在となりつつあります。

今回は日本製の排卵検査薬の中から、ネット通販ショップで手に入れられる、身近な商品3選を比較してみたいと思います。

妊活経験者には日本製排卵検査薬が人気!

商品を紹介する前に、妊活ボイスで実施した排卵検査薬に関するアンケート結果を紹介いたします。

本アンケートは2017年10月11日から10月12日かけ、妊活を経験された女性100名に対して行いました。100名の内、「妊活時に排卵検査薬を使用した」と回答したのは34名となり、全体の34%の方が排卵検査薬を使用していたという結果となりました。

その34名の方に使用していた排卵検査薬をお聞きしたところ、「ドゥーテスト」と答えた方が最も多く44.1%、「チェックワン」と答えた方が次に多く38.2%となりました。海外製の排卵検査薬で最も多かった「クリアブルー」でも11.3%だったことを考えると、「ドゥーテスト」「チェックワン」の日本製製品の人気の高さが際立つアンケートとなりました。

使用していた排卵検査薬は?

日本製の排卵検査薬3選!

■ドゥーテストLHa(ロート製薬)

ドゥーテストLH
出典:楽天
「ドゥーテストLHa」は大阪市に本社を置くロート製薬が販売する排卵検査薬です。排卵日が約1日前に分かり、判定時間が5分と短く、たった2秒尿をかけるだけで判定が可能です。

ネットショップでの購入の他、東京都内だけで540店舗以上で購入可能となっており、最も手に入れやすい商品のひとつと言えます。

価格(容量):3,693円(12本)、2,624円(7本)
検出感度:30mIU/mL
こちらからネット通販で購入いただけます。

■ハイテスターH(武田薬品工業)

ハイテスターH
出典:LOHACO
武田薬品工業が販売元(製造販売元はミズホメディー)となっている「ハイテスターH」。排卵Beeという蜂をイメージさせる可愛いキャラクターのテレビCMでもお馴染みです。

「ドゥーテストLHa」同様に排卵日が約1日前に予測でき、判定時間は10分、5秒尿をかけるだけで判定が可能となっています。

価格(容量):4,298円(10本)、2,786円(5本)
検出感度:30mIU/mL
こちらからネット通販で購入いただけます。

■チェックワンLH・Ⅱ(アラクス)

チェックワン
出典:楽天
名古屋市に本社を構えるアラクスが販売する「チェックワンLH・Ⅱ」。10本で3,000円弱となっており、他の2製品と比べてお手軽に購入できます。こちらも排卵日の約1日前に予測でき、判定時間は3分と短く、5秒尿をかけるだけで判定が可能です。

価格(容量):2,719円(10本)、1,759円(5本)
検出感度:40mIU/mL
こちらからネット通販で購入いただけます。

■おすすめ排卵検査薬3選の比較表

ドゥーテストLHa ハイテスターH チェックワンLH・Ⅱ
価格(容量) 3,693円(12本) 4,298円(10本) 2,719円(10本)
2,624円(7本) 2,786円(5本) 1,759円(5本)
1本あたりの価格 308円 430円 272円
尿をかける時間 2秒 5秒 5秒
判定時間 5分 10分 3分
検出感度 30mIU/mL 30mIU/mL 40mIU/mL

※価格は本記事執筆時(2017年10月26日)のものとなります。

今回取り上げた日本製の排卵検査薬は。いずれも大手ネットショッピングサイトで購入可能となっており、入手のしやすさという点では差がないと思います。検出感度、尿をかける時間、判定時間、そして価格面で差が生じているので、ご自身に合ったものを選んでいただければと思います。

関連記事:排卵検査薬の使い方は?陽性・陰性の見方はどうなっているの?
関連記事:排卵検査薬はいつから使ったらいいの?適切な使用タイミングは?