• しばいぬ

    271人目妊活,人工授精,体外受精・顕微授精

    2022/8/3

一昨日、愛犬が虹の橋へと旅立ちました🌈

16歳のおばあワンでした。

小学生の頃からもう人生の半分以上

一緒に過ごしてきた大事な家族🐕

20歳の時には実家で飼うことが難しくなってしまったので、そこからは1人と1匹暮らし。

1年前に夫と入籍した時は、私と一緒にワンコの苗字までも変わることが可笑しく思え、子連れ結婚のようだね、と周りからも言われてました🤣

何をするにもワンコ優先で、ワンコファーストで生きてきた私は、ペットロスで立ち直れないのでは、と職場や家族、友人からとても心配されましたが、案外ケロッとしてる自分に驚いています。

葬儀は犬猫のお寺で火葬してもらい、

読経、お骨上げ、仮位牌ももらい、

人間の葬儀と同様に丁寧にお見送りをさせてもらいました。

お別れをするときも、

ありがとう、よく頑張ったね、また会おうね!

の気持ちが強く、たくさん泣きましたが、

心はじんわりとした温かさがありました。

1年前に立てなくなってからは、

シニア犬専門の緩和クリニックで整体、鍼灸、車椅子でのリハビリの日々。

1ヶ月前には肝臓ガンと宣告され、腹水でパンパンのお腹に、食欲不振、シリンジで流動食を食べさせさられる日々。

ほんとに良くここまで頑張って生きてくれた…

たぶん痛い身体で辛いことが多かった思う。

ムチ打って無理矢理生かしているようで、わんこにどこまでしてあげていいか分からなくてたくさん悩んだ

おばあわんを看取るために転職をし、

さらには計画的に産休へと移行し、

最期までそばに居たいと思っておりましたが、

願い届かず、先にお見送りとなってしまい、

子どもを見せられなかったことも残念です。

母からは、あなたに大切にされていたから

きっとまたあなたの子どもになって還ってくるよ

と言われ、なぜか素直にそんな気持ちがしています。

高度医療のお世話になり、すんなり来てもらえるとは思ってないけど、あの子の魂が来てくれるなら、治療も辛くないし、また一緒に過ごしたいなあ…🐕