• 卒業ユーザー

    41

    2020/10/16

今日はAMHの検査結果を聞く日でした

結果は…衝撃的すぎる数値で…まだ現実を直視できていません

ブログでもそんな数字あんまりみない

早く帰ってきてくれた夫に泣きながら

いっそ無理と言われた方が楽だ!と叫んでしまいました

もちろん私の数値よりも低くても出産された方もいます

先生もやってみないとわからない、と

今までも卵は育ってて人工受精もしてるんだよね、

私もびっくりしてねぇ…年齢にしては…て…

と、なんの慰めにもならないことを言われ

私はボロボロと泣くことしかできませんでした

治療するにしても大変だと思います。今後どうされるかはご主人とよく話し合ってください、と言われました。

人工受精とかぬるいこと言ってる時間はありませんよという感じで軽く費用のことを触れられ説明を受けました。

我が家は助成金はもらえない世帯年収です。でも別に余裕もなく貯金がたくさんあるわけでもありません。

低刺激のことを言われてるんでしょうが、たくさん刺激して取る方法では合わないと思うので、との話も。

採卵しても取れるかわからない

取れても受精するかわからない

闇雲にこのまま続けるべきなのか…

先生はそりゃダメとは言わんよ

言わんけど

やる価値があるんだろうか

いっそ一人っ子

経済的にもそっちの方がやりたいことさせてあげられるんじゃないか

私も半ば諦めていた仕事でのキャリアもまた、目指せるんじゃないか

とか

でも、子供が欲しいというのは理屈ではないから

お金の問題でもない

ショックと混乱で取り止めのないぐちゃぐちゃした文章ですみません

まだどうしたらいいのか全くわかりません

でもここで諦めたくないとしかいいようがありません

でも、、と堂々巡りになってしまいます

今夜は眠れそうにありません…