• もも

    321人目妊活,タイミング法,体外受精・顕微授精

    2022/6/13

実家の愛犬が亡くなりました。

人懐っこくて、とても甘えん坊、赤ちゃんのような子でした。でも、優しくて何をしても絶対に噛みつかないし、悪戯もあまりしないで私たちを困らせない、とても可愛い良い子でした。

元々心臓を患っていて、7歳という小型犬にしては少し短い生涯でした。小さい身体で一生懸命頑張ってくれたんだと思います。

うちは2匹飼っていて、その子は後から来た子です。先に飼っていた子が高齢なのでその子のペットロスのためにもと母が一目惚れして連れてきた子なんですが、その子の方が先に逝ってしまいました😔

母も赤ちゃんのようにとても可愛がっていたので、とても気落ちしています。

私も流産して落ち込んでいた時も可愛らしく甘えてきてくれたので、とても癒されていました。この子が我が家の可愛い赤ちゃんだなと思い、赤ちゃんがいなくても幸せだなと思わせてくれました。

明るく賑やかな子だったので、実家がすごく静かになってしまい、ぽっかり心に穴が空いたような感じがしています。

みんなで看取ってあげられたのは良かったですが、本当にとても寂しいです😔

親は、あの子のことを赤ちゃんのように可愛いがっていたけど、今度は本当の赤ちゃんをこうのとりさんが連れてきてくれるかもねと励ましてくれました。

新しい子を飼うにはいろいろ考えて躊躇してしまうようで、私もそうなったらいいなと思いました。難しいですが…

天国にいったら、私の3人の赤ちゃんたちと仲良く可愛く遊んで過ごしてね。

生前、息苦しそうな時もあったので、今は安らかに眠っていると良いなと思います。

うちに来てくれて、たくさん癒しと幸せをもたらしてくれて本当にありがとう。

今までもこれからもずっと大好きだよ。