• 犬可愛い

    391人目妊活,体外受精・顕微授精

    2021/5/22

こんにちは。

陽性判定後、ずっと入院しております。不育と戦っていましたが、昨日稽留流産しました。

気持ちの整理をつけるため、投稿させてください。m(_ _)m

端的に言うと、私の自己抗体が強力すぎて、今回不育最強の布陣で挑んだにも関わらず、歯が立たなかった、という感じです。

簡単に経緯を書きます。もし詳細に興味があればインスタを見てください。

・PGTAのA判定👧の卵を移植

・3w5d (BT7)陽性判定

・3w6d (BT8)岡大に入院

ワーファリンからヘパリンに切り替え(24h点滴)

・5w1d 胎嚢確認 胎嚢12mm

・5w2d ヘパリンを点滴から皮下注射に切り替え

・5w4d 卵黄嚢確認 胎嚢17mm

・5w5d 免疫グロブリン大量投与開始(連続5日間)

・5w6d 胎芽確認

・6w1d APTT※が上限振り切る。

急遽ヘパリン中止、ヘパリンの作用を抑えるための拮抗剤(プロタミン硫酸塩)を投与。

※APTT:血液サラサラの指標

・6w2d 心拍確認70bpm 胎芽2.2mm

・6w5d ヘパリン皮下注によるAPTTのコントロールが困難のため24h点滴に切り替え

・6w6d 心拍118bpm 胎芽4.4mm

・7w0d ステロイド(プレドニン10mg)追加 夜悪阻が消える

・7w2d 心拍確認できず 胎芽4.9mm

絶えず出血があったものの、極力安静にしていたこともあり、流産の要因に出血は関係ないと思います。

HCGの上昇具合、胎嚢、卵黄嚢、胎芽確認時期、またそれらの大きさ、どれも順調でした。しかし、6w6dでの胎芽の成長代が小さく、ここにきて成長に陰りが見えてきました。案の定その後悪阻は消え、7w2dで流産になりました。

今回、事前にその世界のトップの先生達にセカンドオピニオンをして参考にし、免疫グロブリン大量投与、ヘパリン24h静脈注入、途中からですがステロイドと、できる限りを尽くしました。フルです。現時点不育最強の策かと思ってます。

しかし、流産。PGT-Aしてるのに流産。しかも、これまでの流産と変わらない。

前回は6週が最終生存確認 胎芽→3mm

前々回は7週が最終生存確認 胎芽→10mm

これだけ頑張って、お金もかけて、前回と同レベルです。

自分の抗体の強さを身をもって痛感しました。

抗体が強すぎて免疫グロブリンでも太刀打ち出来ない。

流産の内診の後、泣いて過呼吸気味になり崩れ落ちました。

なんで、なんで。

どうして。

どうすればうまくいきますか、と先生に問いました。

先生も今回フルでやったのに力及ばず申し訳ないと言ってくださりました。ただ答えは出てきませんでした。

今回私は最善を尽くしたと思います。どこも妥協はしてません。思考を止めず最後まで足掻くだけ足掻いたつもりです。先生達も親身に頑張ってくれました。感謝しかありません。

泣きながら代理母について調べその価格を改めて見て、ダメだと思いました。今回流産手術も含め多分150万近くの請求になると思います。しかし代理母はそんなレベルじゃありません。

もう手がない、諦め時かもしれません。もう我が子を抱くことは叶わないかもしれない。

とはいえ今は何の結論も出すべき時期ではないのはわかってます。

これから手術し、フルの検査に出し、それをもとに先生とお話しする予定です。さらに村島先生や渥美先生に意見を求める、それが今後出来ることです。

間違えたくないので書きます。

私は難病指定の病気で赤ちゃんを抱くことが困難ですが、不幸ではありません。

行きたいところに行ける足と元気な心がある。そばにいてくれる家族がいる。

今回さらに奇跡を授かろうとして、不妊不育に挑みましたが、そもそも挑戦出来る時間と健康、その余裕があるだけ幸せ、恵まれていると思っています。

友達が、この1ヶ月、私は母だったと言ってくれました。

県を越えて、入院して、コロナで面会できない中、長期間覚悟でお腹の子のためにって、もう立派な母だよって。

涙が溢れ嬉しかったです。

確かにこの1ヶ月、常に点滴、毎日採血でしたが少しも辛くありませんでした。日々お腹に触れながら赤ちゃんに話しかけ、私は幸せでした。

最後に、私は不育を散々調べましたが、私ほど抗体が高い人は見たことありません。

先生も私レベルは滅多に見ないといいます。不育の先生は誰も私が無事出産できるとは名言しませんでした。

しかし、不育は対策可能が殆どです。

原因がわかれば、対策できる。

原因不明ならば、最終兵器免疫グロブリンで殆どうまくいく。免疫グロブリンは一回100万と簡単にトライできる代物ではないですが、不育は保険適用に向かっています。原因不明不育の場合、免疫グロブリンも保険適用の見通しと聞いています。

私もなんとかうまくいってくれと思って挑みましたが、私は例外的に値が悪いのです。

皆さん、大丈夫と思います😊

免疫グロブリンは治験で約8割の成功率。染色体異常でなければ9割の成功率です。確率は大事です。

ヘパリンもバイアスピリンも効果はあります。

対策をすれば大丈夫が殆どです💪

大丈夫、諦めないで欲しい。

困ったら聞いてください。私でわかることであればなんでも答えます。