• わこ

    401人目妊活,体外受精・顕微授精

    2022/6/4

ボイ友ちゃんのボイスで響いたので

運命の扉のことを書こうと思う。

ワイ、40年の人生でどん底貧乏と

まーまー金持ちを両方体験した。

貧乏っていうのは染みつく。

まーまー金持ちになったとて

金の使い方が貧乏人でチマチマしてた頃は

本当に欲しいのの上から数えて

2~3番目のもを買うけど結局満足できず。

血迷って違うものを買ったり

挙句やっぱり1番欲しい物を買うも

1番欲しかった旬の時期を超えてるので

利用期間が短くなる…などなど

ちゃんとお金払って買ってるはずなのに

満足感低いどころか不用品が増え、

結局、貧乏なままだった。((´∀`))ケラケラ

25歳頃にその金の原理に気付いて

本当に欲しい物しか買わなくなった時

私からやっと貧乏神が去った。

それを教えてくれた3万円のカットソーは

15年経った今も着れるから驚きである。

浅田を知ったのは

友人の口コミからだったけど

彼女は35歳の時の採卵で

前医では13個採卵5個凍結という

結果だったけど37歳で浅田に転院したら

40個採卵出来て20個凍結できたそうな。

恐ろしい程の施設差に驚愕

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

「最初から浅田にしときゃ

 1回の採卵で2年早く

 2人のお母さんになれた。

 前医に費やしたお金も

 生まれた子の養育に費やせた…。」

…と、地団駄を踏む彼女。

しかし、治療費えらく高いっぽいし

家からドアツードアで1時間半か…。

電車やマイカーで30分で通える

安くて口コミも良い病院もあるしな…。

ズゴゴゴ…

地下から運命の扉が現れる…((´∀`))ケラケラ

どうする…

どうするワイ…?!

けっきょく不妊治療の通院先も

その貧乏神の原理に基づき

初回から自費の浅田式に一直線だった。

最初から最後の砦を攻めるのだ。

私の初の凍結結果はプロフの通りで

「浅田なら当然だよね」

ぐらいに診察時に平然としてたら

百戦錬磨の浅田の担当医師が

「あのぅ…もっと喜んで

 もらっても良い結果なんですが…」

…って、やや凹むほどの((´∀`))ケラケラ

胚盤胞到達率は87%超えをマークした。

これが、妥協して近所のCLから通い

やっぱり浅田式でと挑むのが

40歳の私なら…41歳の私なら?

同じ浅田式でもまた

結果は変わっていたかもなと思う。

いや。そうだったと確信している。

治療を始める前からこのように

「運命のドア」がいくつもあった。

どちらを開けるか毎度ドキドキする。

治療を始めてからも

どの情報を選ぶか、サプリ1粒で

未来が変わるんじゃないかとドキドキする。

人生は運命の扉の連続だ。

…そうそう。我が家の長男ぶた丸は

もうすぐ2歳の誕生日を迎える。

今年の彼の誕生日プレゼントは

エアバギーというペットカートなんだが

これが1台7万円超えとバカくそ高い。

しかし、このカートはコット(乗せる部分)を

変えると人間の赤ちゃん用にもなるスグレモノ。

犬のカートとしてならエアバギーは

我が家の身の丈に合わないけど

(東京でフレブル飼ってるセレブのイメージ)

赤ちゃんもとなったら断然コスパいい。

長く使えば劣化するけど

タイヤ交換すれば走りは新品と遜色ないらしい。

何より将来、治療に成功できたら

あのデカい乳母車が犬用・赤子用と

2台ひしめく玄関の生活導線を想像すると

発狂しそう。耐えられない。

エアバギーなら1台で済む。それが一番大事。

ぶた丸の長寿と妊娠の祈願もこめてエアバギー。

イッヌの誕生日プレゼントも

上から1番目、最後の砦から攻めるで決まりです。

ズゴゴゴ…(気に入った((´∀`))ケラケラ)