• エケコ

    401人目妊活,体外受精・顕微授精

    2022/8/21

突然ですが、不妊治療の振り返りをしてみたいと思います。

2018年から不妊治療を始めて、

保険適用を機に、それまで通っていたクリニックから、浅田レディース品川クリニックへ転院したのですが、今回胚盤胞を2個移植する前に、1個の移植が2個移植か正直迷ったのですが、私はそもそも卵が全然とれなくて、胚盤胞まで育ったことも無かったので、少しでも妊娠の確率が上がるなら2個移植してほしいなと思い、それまでの治療履歴を簡単なエクセルにまとめて、浅田の先生に見てもらいました。先生がそのエクセルを見て、これだけの治療歴でしたら2個移植の基準を満たしているので2個移植できます!と言ってくれて、無事2個移植できました。

前のクリニックは家から歩いて行ける距離で、浅田に比べると1人の先生のみの小さなクリニックでした。妊活雑誌にも載っていたり、看護師さんも先生も優しく、嫌なところは全くなかったのですが、私はここで結局採卵を16回行っていました。採卵16回で取れた卵はトータル11個。とにかく空胞が続きました。移植は4回。そのうち一回妊娠しましたが、心拍確認後9週で繋留流産でした。あの時は辛かったです。

不妊治療が保険適用になると聞いて、そもそも私は低AMHだし低刺激しかできないなら、もっと有名な技術のあるところに転院してみるか、と、浅田に通っていた友達の勧めもあって浅田レディース品川クリニックへ転院しました。

保険適用では薬の種類や量、エコーの回数なども決まっていて制限がありますが、どこの病院でもそれが同じなら、採卵技術や培養技術が評価されているところが良いな〜と思います。

浅田転院後はじめての採卵日は、排卵済みで採卵できなかったのですが、2回目の採卵日で3個採卵できて、初期胚移植は陰性でしたが、残り2個が胚盤胞まで育ち、2個移植で現在の双子妊娠に至りました。

3個採卵できたこと、また胚盤胞になったことも初めてだったので浅田の技術は凄いよなぁ…ってやっぱり思ってしまいます。これは、人によると思うのですが、私は前のクリニックで4年不妊治療に費やしていたので、初めから浅田に通っていたらもっと早く妊娠できていたかもなぁ…なんて、たらればですが思います。

不妊治療も最初は分からないことだらけで、だんだん知識がついてきて、一通りのことは分かるようになりました。

今の双子ちゃんだって、まだどうなるか分からないし不安ですが、経験値を武器に前向きに頑張ります〜!!

見づらいですが、不妊治療歴のエクセルの画像を置いておきますね!

エクセルのメモのLと、Rは、左と右の卵巣に見えていた卵の大きさです。

#1人目妊活 #体験談