• こめこぱん

    301人目妊活,タイミング法

    2022/10/28

陽性後の悲しい結果(子宮外妊娠)となったお話です。

内容を細かに書くので長くなります。

手術当日。

朝、大学病院について婦人科での内診がありました。内診中、明らかに一方向に痛みがありました。

結果、やはり子宮外妊娠だろうと。

そして、子宮内にも出血していて、はっきりと分からないがここにも胎嚢らしきものがあるかもしれない。そのため、卵管を調べて必要に応じて除去するのと、子宮内を綺麗にする二つの処置が必要との事でした。

想定はしていたものの無気力状態となり、手術前のいろんな検査の移動や親への連絡等は夫がサポートしてくれました。

検査が終わると診察室で手術の準備(着替えや着圧タイツ着用、点滴)をして、そのまま手術室へ。

病院について5〜6時間後でしょうか。

病室で一息つく間もなく直行でした。

手術室で横になった後、心電図をつけて麻酔でした。ただ、手術室が寒かったせいか緊張のせいか、麻酔かけるまで全身の震えが止まらなかったです。

まずはつけていた酸素マスクから軽い麻酔でしょうか、言われるまま深呼吸すると頭がぼーっとなり、「今から点滴で麻酔入れますね」と聞こえた後すぐ意識が無くなりました。

次目覚めた時は恐らく手術が終わった直後、病院までベッド で移動されたのはなんとなくわかりました。

全身麻酔は初めてでしたが、まるで寝ていたかのように、何か夢を見ていました。あっという間でした。

まずは段々と意識がはっきりしてくるものの、体が動かない。しばらくしてから少しずつ手が動くようになりました。それと同時に、足についてるマッサージ機、いつのまにかつけられた尿管の違和感とお腹の痛みが分かるように。そしてまた全身の震えが止まらなくて、電気毛布2枚被せてもらってしばらくしたら治りました。

お腹は激痛ではないものの、ズキズキヒリヒリするような感じと同時に、お腹を下したような痛みもありました。様子を見にきてくれた看護師さんに痛み止めをお願いしました。

コロナ禍なので、退院まで面会禁止。

何も考えられない、ただただ涙が出てくるだけ。早く眠ってしまいたいけどまだ寝れそうにないので、とりあえずこのメモを書きました。明日以降も書かせてください。

#子宮外妊娠

#流産