• ゆーちゃむ

    311人目妊活,プレ妊活,人工授精,体外受精・顕微授精

    2022/10/3

採卵までの記録

採卵するまで、いくらかかるのか、どんなものなのか私自身不安でした。4回目の人工受精から体外受精にステップアップし、採卵までの流れと費用をまとめました。

これから採卵する方のご参考になれれば☺️🌸

9月3日 人工受精 6,140円

9月6日 排卵してたかの確認エコーとダメだったら体外受精にステップアップするため、ピルを10日分処方される。 1,410円

9月20日 ピルを飲み終わってダメだったら生理きてて2日目なのに、生理きてない。尿検査したが妊娠の反応はなし。2,410円

9月22日 しっかり生理がきてしまったので、ppos法で体外受精スタート。採血した。卵胞は右が3個で大きさは6,6,5。左は2個の大きさは6,5。3,520円

9月24日 毎日の自己注射と薬の服用開始。ゴナール900を150とデュファストン錠を朝と夕方に2錠ずつ。 14,800円

9月28日 卵胞がどうなってるかのエコーと採血。右が3個?大きさは13,12,12。左が4個13,13,12,11。 採血の結果、エストラジオール(E2)が1587と高いため卵巣が腫れてる。参考基準値は高くても525.9らしい。そのためか、常にお腹が張ってて、ずっと満腹感で薬を服用するために無理矢理ご飯食べるけど、気持ち悪くてやばい。 4,150円

9月30日 卵胞がどうなってるかのエコーと採血。右が7個の20,19,19,18,18,18,17。左ら6個?の21,20,7,9,18,18。エストラジオール(E2)が3725とかなり高め。そのためゴナールは中止して、病院にて違う注射を。どんどん体調悪くなり、寝込む日々…。 3,070円

10月1日 卵胞がどうなってるかのエコー。

右が8個の22,21,20,19,19,18,17,10。左8個22,22,21,20,19,17,16,15。

卵胞が小さいのがあるが、卵巣が腫れてるから10月3日に採卵することに。ペン注射は自分で出来るけど、HCG注射はペンでは無いので自分で打つの怖くて無理と伝えたら、21時に病院に舞い戻って注射されると思いきや、先生が点鼻薬を23時と24時にしてねって言ってくれて、病院に来なくて済んだ。 1,810円

10月3日 採卵 右7個,左10個。成熟確認 MⅡ 17個。全て成熟してた。プランは体外受精の卵子に精子をふりかけ方法→胚盤胞凍結。

旦那さんが精子大量にこぼした為、精液量は0.5ml。濃度6300万/ml。運動率51%。正常形態率13%。

精液量が少ないため、最初顕微受精になるって言われたが、ふりかけ法でも大丈夫とのことで、ふりかけ法に。

採卵数が10個以上だったため、104,000円+再診療やその他諸々合わせて108,140円。

限度額適用認定書を会計時に提示したので支払い額は32,440円になりました。

#体験談 #妊活あるある #体外受精・顕微授精 #1人目妊活 #ppos法 ゴナール #卵巣腫れた