• ペリアン

    422人目妊活,体外受精・顕微授精

    2022/10/3

妊娠判定後の記録&最後の投稿(になるといいな!)です。

あいかわらずつわりで苦しみつつ。

9w0d

CRL25.9mm

クリオネから、人のカタチっぽくなっていました!

日曜の夕方で人もまばら、これまでで1番スムーズだったかもしれません。

内診からすぐ診察に呼ばれ、

成長も心拍も正常。お薬は今週いっぱい続けて飲みきり終了。

出産後に送るハガキと、次にまた不妊治療を再開するときのための説明プリントを渡され、

「本日で卒業となります」

とのこと。(あっさり!)

産院選びで迷っていたので少し相談に乗っていただき、

これまでの治療を振り返り。

私の場合、AMHの数値が年齢のわりには高めだったため、しっかり刺激をすれば卵がたくさん取れ、そのぶん胚盤胞になる確率も高かったと。(とはいえ採卵11個、初期胚1つ、胚盤胞2つでしたので、多いとも言えないのですが!)

1回の採卵で2回の移植(うち今回は2段階移植)で卒業となりました。

貯蔵している卵ももうないので、本当にミニマムな診療だったと言えます。

そして、ここまでにかかった期間と費用は、、、

約半年で160万!

(実際には第一子の授乳中、2月に診察にうかがって、卒乳を待って3月に採卵周期スタートしました)

助成金ギリギリかけこみ採卵でしたので、ここから都+区の助成金40万が返ってくるとして、自己負担120万。

通っていたクリニックは都内でも自費診療かつ高額で有名なところでしたが、結果を見ても、高刺激で短期決戦できるところ、移植もホルモン補充で仕事との調整がしやすいところなどが、わたしには合っていたと思います。むしろ半年で結果が出て、コスパがよかったとさえ思います。D先生のブログで知識を得られたこともとてもよかったです。

投薬量の多さにはビビりましたが、もともと自然派○○などに興味なく、使える技術はガンガン使って結果を出して欲しいほうなので…

とはいえ、まだ9週。

これから何があるかわかりませんが、ひとまず投稿は終わりにしたいと思います。

(何か思い出したらここに追記するかもしれませんが…)

特に移植後は、眠れない夜に

この妊活ボイスを立ち上げて、

ほかに同世代で妊娠継続している方がいないか探しては、励まされていました。

相方以外、誰にも言わずに治療を進めていたので、相談できる相手がいない中、

ここでのやりとり(ほぼ、見ているだけでしたが…)は、発見と癒しがたくさんありました。

ここで妊活を頑張っている全員のもとにかわいい赤ちゃんがやってきますように👶❣️

わたしも再び授かった命を愛し倒して、ポジティブに毎日を乗り越えたいとおもいます。

本当に本当に、ありがとうございました🫶