• わこ

    401人目妊活,体外受精・顕微授精

    2022/9/26

毎度だけど妊活じゃなくてごめんね。

でも不妊治療は生き方、パートナーとの関係

自分とは何か、過去と向き合う事が多いので

もし役に立てるならという少しの節介と

私の心の整理に書かせてもらってます。

今、離婚の危機の中にいます。

多分だけど、不妊治療をトリガーに

残念ながら離婚という選択を選ばれて

絶望してしまったボイス卒業生の方も

いらっしゃるんだと思います。

不妊治療の終了はとてもつらい事です。

子供の居る人生、体験したいから

こそ頑張れたんだと思うし。

そして今回はちょっとしたスピネタが入ります。

苦手な方はこちらで読むのを終えてもらって大丈夫です。

私は睡眠が取れず、よくない事ばかり考え

真っ暗闇の中にいました。

今まで飲み屋で酒の仕事も経験しましたが

自分からお酒が飲みたいと思った事は

40年間の人生で片手に余る程でした。

食事も喉を通らずこの二週間で5キロやせました。

なのに何故か酒に手が伸びてしまったのです。笑

それも父が生前大事にしていた

ヴィンテージのコニャックです。

形見にとっておいたものを

とうとう開けてやりました!!!

父に対する恨み爆発で

こんにゃろー!飲んでやる!!!

…って気持ちでした。

もちろん酒よわな私なので

ロック2杯でベロベロです。

そしてふと浮かんだのが父の困った顔でした。

そして「悪かったなー」と言葉が浮かんだんです。

ただの酔っ払いの戯言かもですが

孝かに胸があったかくなり、父を感じました。

父は父で苦しい人生だったのです。

私はもしかしたらふと人生を終えてしまうかもしれない。

パニックが訪れるとそんな気持ちに襲われます。

でももしそうだったとしたら私は何をしなきゃいけないんだろう。

私は兄に詫びようとしました。

兄というのはですね。省略しますが

相続の際私の相続分の

家が建つほどのお金を持って逃げた人です。

実家を売って忽然と姿を消したのです。

もちろん恨みました。語りつくせない程。

でもね。そうなったのも夫との結婚生活の中で

それすら自分の撒いた種だと思えたんです。

私は子供のころから兄を馬鹿にして生きてきましたから。

我が家は互いが互いを虐待していたんです。

父は母と私達を、母は私達を、私達はお互いを虐待していました。

私は特に父母の標的にならないように

兄を盾にした悪い妹でした。

引き籠りの兄を馬鹿にする事で憂さ晴らしをしました。

兄は苦しかったと思います。

兄が私から奪ったお金でその怒りが消えるなら

それでペイされたのかなと思えるようにまでなりました。

でもね。自分が子供の頃に兄にした事

やっぱり謝らないとなと思えたんです。

兄はもちろん私から逃げている状態です。

電話には一度も出てくれた事はありません。

一時は着信拒否をされました。

住まいは調べているので乗り込む事もできます。

でも兄は狩猟免許持ちで猟銃があるので

殺されたらかなわんなーという感じだったので

家に行くことはありませんでした。

で…電話したんですよ。

そしたら普通に兄が出ました。びっくりです。

最初はどう切り出すか難しかったのですが

ひとまず子供の頃からの事を兄に謝りました。

そんなのもういいよと頑なでしたが

私が絶望の淵にいると知ると

俺にとっては家族は呪い。考えたくない。

ただただ一人で生きていきたい。

だけど、もしお前が今死のうとするまで

追い詰められているのなら電話で話しぐらいは聞く。

…と、言われました。

更に私達は子供の頃の辛かった境遇を話し合いました。

兄の罪悪感を打ち明けてくれました。

「お前は泣いていたが俺は正直オヤジが死んでホッとした」

普通は親が死んだら泣くものを

ホッとする自分に兄も傷付いていたんだと思います。

お父さん、自分の行いで

家族がバラバラになった事

きっと天国で悪かったなーとは

思っているんです。

今まで頑なに電話に出なかった兄に

話す機会を与えてくれたのは

もしかしたらそんな父の

働きもあったのかなと思う出来事でした。