• 犬可愛い

    391人目妊活,体外受精・顕微授精

    2021/4/19

移植③回目。

備忘録ですので♡やコメント結構です🙇‍♀️

過去2回は自然排卵周期移植。

PGTA胚を移植しかすりもせず。

今回は何か変えないと、ということで、エラ結果を元にホルモン補充周期。

(懸念事項)

・血栓:ホルモン補充周期は血栓が心配だったが、循環器の検査でギリOKの値。とはいえたまに足に違和感はあるのでストレッチは継続。

・甲状腺:チラージンのおかげで基準値内確認。

●移植卵:PGTA胚、A判定

5日目4AB→AHAにより5AB

PGTA胚は7割の妊娠率。

従い、

2回連続陰性の確率→9%

3回連続陰性の確率→2.7%

今回陰性なら2.7%に仲間入り。

完全に着床不全かな?

イケる気はしない。

2度あることは3度あると思ってる。

判定日はBT5とBT7の2回。

審判降るの早い。

BT5で0の時BT7いく気が失せるなぁ。

陰性の場合どうすれば良いのか。

手があるうちはまだ希望が持てるが、原因不明だと次の一手が思いつかず光が見えない。

本当は心機一転有名どころに転院してみたい。しかしコロナで難しい。なぜならコロナ多発地帯に行くと岡大が受け入れてくれない。

ステップダウンは胎嚢確認後心拍確認前に免疫グロブリンの使用を考えるとギャンブル。

考えがまとまらない。

以下詳細。

移植周期:ホルモン補充周期

【薬剤】

・卵胞ホルモン:プロギノーバ、エストラーナテープ、ペラニン注射

・黄体ホルモン:P25注射、P50注射、ウトロゲスタン

・フローラ調整:インバグ

・血液凝固対策:バファリン

・その他:ズファジラン(子宮収縮対策)

タクロリムスと柴苓湯とリンデロンはどうも負に働いてる気がするので今回は飲まない。

●D2:卵胞ホルモン投与開始

●D13:移植日決定

 内膜:7ミリ

 E2:515

 LH:17.4

 P4:0.5

 ◯GCSF実施

 ◯プロギノーバ膣ぶっ込み1錠

 ◯ペラニン追加

 ・LH高くない?→この値は許容範囲内でLHは日々変化する。明日は6ぐらいになってるかも。

そして卵胞が育ってないので、排卵はしない。

 ・プロギノーバ膣ぶっ込みとペラニンでE2:+500ぐらい上がるはず→エラ検査時のE2:1100を目指す

●D14:黄体ホルモン投与開始

●D17:シート法 内膜9ミリ

●D19:午前中HCG膣内注入

    午後移植。

◯移植卵:PGTA胚、A判定

5日目4AB→AHAにより5AB

 内膜:9ミリ

E2:545

P4:21.2

 ・血液検査結果見た瞬間、P4高いと思った😔

 ・先生は低いのは問題だけど高いのは問題ないという。一方脳裏にまっつんの紹介してた論文がチラつく。10〜20を推奨、一番良いのは10〜15。

 ・また、エラ検査時もこんなに高くなかったので(12.5)、エラ再現できず窓ズレしないか心配。先生はそんな事ないとは言うけどそもそも窓を信用してない先生なので根拠なく答えてるのはわかる。まっつんはズレるような事書いてるので、そのレベルが少ないことを祈る。

おすすめ投稿

  • asarin

    421人目妊活,体外受精・顕微授精

    2021/3/16

  • kuma

    411人目妊活,タイミング法,体外受精・顕微授精

    2021/9/21