• めだか

    371人目妊活,体外受精・顕微授精

    2022/6/18

少し救われる出来事がありました。

3月に、不妊治療歴2年で初めての陽性判定…と思いきや、化学流産。

もともと子供が絶対に欲しい!というタイプではなかったのに、自分でも驚くくらいにショックだったみたいで、そこから不眠の日々が始まりました。

次第に日中でも涙が出てしまうほどになりました。

今はだいぶ落ち着いたけど、いわゆる本当の?流産ではなく、化学流産なのに、ここまでダメージを受けるなんて、私はなんて弱い人間なんだろうと、自己嫌悪の日々を過ごしていました。

そしたら先週、同じ部署のひとつ上の男の先輩と話していて、その先輩夫婦も1月に化学流産したばかりだと話してくれました。

・もともと子供を強く望んではいなかった。

・それでも化学流産のあと、奥さんは明らかに心身に支障をきたした。多分一瞬でも「母親」になったからなんだろう。

・奥さんも毎晩、眠れないと苦しんでいた。

・男の自分でもあの時期は辛かった。

自分と重なることがすごく多かったんです。

経験した人は同じように苦しむんだから、自分だけが弱い人間だと責めないでいいんだよと、言われたような気がしました。

男の先輩とそんな話が出来たのも初めてで、とても貴重な時間でした。

先輩の奥さんも、もし私という似た人間の存在が、少しでも救いになってくれたらいいな。

#1人目妊活 #体外受精・顕微授精 #化学流産 #妊活あるある